菊花賞(2020)

◼️過去10年の傾向◼️

(年度、馬場状態、馬名)

(血統(父*母父))

(レース名、人気、着順、着差、斤量)

(自身の上がり(順位))


2019年 良 ワールドプレミア

(ディープインパクト*Acatenango:エクリプス系

前走 神戸新聞杯 3人③着 0.7差 56K

   上がり 32.3 1位)

実績 神戸新聞杯3着、若葉S OP 2


2018年 良 フィエールマン

(ディープインパクト*Green  Tune:ニジンスキー系

前走 ラジオNIKKEI賞 1人②着 0.1差 54K

   上がり 34.41位)

実績 ラジオNIKKEI2


2017年 不良 キセキ

(ルーラーシップ*ディープインパクト)

前走 神戸新聞杯 2人②着 0.3差 56K

   上がり 33.91位)

実積 神戸新聞杯2


2016年 良 サトノダイヤモンド

(ディープインパクト*Orpen:ダンジグ系

前走 神戸新聞杯 1人①着 −0.0差 56K

   上がり 34.22位)

実積 神戸新聞杯、ダービー2着、皐月賞3着、きさらぎ賞


2015年 良 キタサンブラック

(ブラックタイド*サクラバクシンオー)

前走 セントライト記念 6人①着 −0.1差 56K

   上がり 34.94位以下)

実積 セントライト記念、皐月賞3着、スプリングS


2014年 良 トーホウジャッカル

(スペシャルウィーク*Unbridled‘s  Song:ファピアノ系

前走 神戸新聞杯 9人③着 0.0差 56K

   上がり 34.81位)

実積 神戸新聞杯3


2013年 不良 エピファネイア

(シンボリクリスエス*スペシャルウィーク)

前走 神戸新聞杯 1人①着 −0.4差 56K

   上がり 34.32位)

実積 神戸新聞杯、ダービー2着、皐月賞2着、ラジオNIKKEI2S


2012年 良 ゴールドシップ

(スティゴールド*メジロマックイーン)

前走 神戸新聞杯 1人①着 −0.4差 56K

   上がり 34.52位)

実積 神戸新聞杯、皐月賞、共同通信杯、ラジオNIKKEI2S 2着、札幌2S 2


2011年 良 オルフェーヴル

(スティゴールド*メジロマックイーン)

前走 神戸新聞杯 1人①着 −0.4差 56K

   上がり 32.81位)

実積 神戸新聞杯、ダービー、皐月賞、スプリングS、シンザン記念 2


2010年 良 ビッグウィーク

(バゴ*サンデーサイレンス)

前走 神戸新聞杯 5人③着 0.5差 56K

   上がり 34.14位以下)

実積 神戸新聞杯 3


◼️勝ち馬共通項◼️

前走 重賞3着以内、0.7差以内、芝1800以上

前走 上がり3F、3位以内(例外2)かつ34秒台以内

血統 父系母系どちらかにサンデーサイレンス

血統 馬場悪化時は2回とも母系にSS系(良では1回のみ)

実積 3歳重賞3着以内


◼️今年度該当馬◼️

ガロアクリーク(SS系*ミスプロ系)

コントレイル(SS系*ファピアノ系)

ヴェルトライゼンデ(SS系*エクリプス系)

サトノフラッグ(SS系*カロ系)

バビット(SS系*ヘイロー系)

ロバートソンキー(ミスプロ系*SS系)


◼️まとめ◼️

今年の該当馬6頭は全て前走トライアルに出走したものの34秒台の上がりを出せない展開だった。

スキがあるとしたらこのポイントだが、全馬ともにそれ以前のレースで34秒台の上がりを計時しているのでメンバーレベル的には問題なさそう

過去10年で神戸新聞杯1番人気で1着だった馬が4勝、馬場が戻ればコントレイルで仕方ない

馬場悪化の際にロバートソンキー(母父SS系)の台頭があるかどうかだだろう

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

秋華賞(2020)

次の記事

天皇賞・秋(2020)