チャンピオンズC(2020)

チャンピオンズC過去10年

■傾向注意点■

2011年まで東京開催、2012年、2013年は阪神開催、2014年から中京開催になり傾向がかなり変わっています

2013年以前を併記するかたちで抽出しますが、近6年の傾向を重視するほうが良いでしょう

■勝ち馬共通項■

前走 ダートG2以上に出走で5着以内(2013以前はG3でもOK)

前走 0.9差以内(2013年まではG3戦も含み0.2差以内、例外1は前走不良馬場で2着の1.1差)

前走 中10週以内(例外1は東京開催のトランセンドで前年勝ち馬かつ前走海外のGIレースで連対)

前走 5番人気以内

性令 3歳から6歳(3歳馬は前走古馬混合G2以上で勝利)

実績 ダートG1勝ちあり(2013年まではG3勝ちのみでもOKだった)

血統 父か母父にSSが入っている(例外3はG1で3勝以上の実績ありが2頭、残りの1例は東京開催だったトランセンド)

■2020年 該当馬■

クリソベリル

チュウワウィザード

 

以下、減点あり

アルクトス(前走人気、6番人気で減点)

サンライズノヴァ(前走G3出走)

■まとめ■

中心視すべきは前年の覇者クリソベリルだが、昨年は55キロとで斤量が軽かった

今回は大外枠で同斤量、昨年は差のない勝ち方だったので過信は禁物だろう

狙いは昨年4着だったチュウワウィザード

傾向でも問題なく、昨年の敗戦は内枠からスムーズに外に出せなかった差だけ

ほどよい中枠で、クリソベリルに人気が集中するなら狙い目だろう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です