朝日杯FS(2020)

朝日杯FS過去10年

■傾向注意点■

今年は京都競馬場改修のため、例年より芝が使い込まれています。

過去6回の阪神開催はAコースですが、今年はBコース2週目となっています。

脚質傾向が変わる可能性があるので要注意です。

■勝ち馬共通項■

① 前走j重賞で芝1600以上(例外1は新馬戦。中山開催時は1400以上でOK。中山開催時に芝未経験の例外1、外国産馬)
② 前走着順は1着(0.1差以上つけている)
③ 前走上がり3位以内(例外1重賞勝利で34.4で6位)
④ 実績、芝1400以下未経験(中山時代は1200経験馬も優勝している)
⑤ 前走2番人気以内(中山開催時は4,7人気でもOKだった)
⑥ 中10週以内
⑦ 前走4角7番手以内
⑧ 父がSS系(外国産馬を除く、中山は全馬母父SS系)

■2020年 該当馬■

減点0は該当馬なし。

 

以下、減点1

レッドベルオーブ(前走着差0.0のため)

テーオーダヴィンチ(前走未勝利戦)

 

■まとめ■

前走着差なしでもそれ以外に減点がないレッドベルオーブが中心だが、前走着差なしが減点となるのは疲労度の可能性が高い。

穴を狙うなら、前走未勝利戦のテーオーダヴィンチ。

こちらは昨年のグランレイの例もあるし、新馬から優勝したリオンディーズもいる。

そのリオンディーズは新馬戦で上がり33秒台を計時しており、テーオーダヴィンチは出走メンバーの中で唯一【坂のあるコースで33秒台を計時している】馬である。

派手に荒れることを期待してテーオーダヴィンチで夢を見るのも悪くない。


■おまけの指数(開発中:2,3歳戦のみ利用可能)■

※指数欄の味方(左の3桁=指数、C4など=レースレベル、(000-000)=初勝利時のレースラップ)

※指数はC(芝1600以上)、S(芝1500以下)で分かれていて、【数字が小さい方が優秀】となってます。

※Cは芝1600以上で初勝利をあげた馬、Sは芝1500以下で初勝利をあげた馬です。(M=未勝利戦で勝った馬で、CMは1600以上の未勝利戦勝利となります)

※アルファベット(S、C)のあとの数字(レースレベル)は大きくなるほど優秀となってます

(内容は1人気で勝てば1Ptなどのように条件を設定してクリアすると大きくなります。最大12項目です)

※( )内の数字は、初勝利時のレースラップで、Sレースでは上がり4F-1F、Cレースでは5F-1Fとなっています。

芝1500以下(S,SM)指数順
10 アスコルターレ 576@S6(462-114)
2 グレナディアガーズ 578@SM6(462-116)
14 モントライゼ 582@SM5(466-122)
6 ブルースピリット 593@S3(471-122)
16 スーパーホープ 597@SM3(479-118)
1 カイザーノヴァ 598@S2(475-123)
芝1600以上(C,CM)指数順
11 バスラットレオン 706@C6(594-112)
13 ホウオウアマゾン 714@CM1(608-124)
9 テーオーダヴィンチ 714@CM7(595-119)
12 ジュンブルースカイ 715@C3(600-115)
8 レッドベルオーブ 715@CM4(591-124)
4 ショックアクション 718@CM2(598-126)
7 ステラヴェローチェ 721@C0(607-120)
15 ロードマックス 734@C1(635-135)
5 ドゥラモンド 737@C1(619-124)
ダート戦デビュー
3 ビゾンテノブファロ D

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です