指数傾向調査(2020)

指数がどれだけの精度なのかを考察してみました

昨年2020年の2歳戦(1勝クラス以上)全レースを対象

レース出走馬のS&SMの上位3番目までをABC,C&CMの上位3番目までを01,02,03と便宜上に振り分け、その結果から傾向を探りました

使用ソフトはTarget frontier JV のレース検索モードを使用しています


■1勝クラス以上、芝1500以下戦における傾向■

芝1500以下 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
01   2-  0-  1-  3/  6 33.30% 33.30% 50.00% 145 80
02   0-  1-  0-  3/  4 0.00% 25.00% 25.00% 0 45
03   0-  0-  0-  3/  3 0.00% 0.00% 0.00% 0 0
 A   1-  1-  0- 10/ 12 8.30% 16.70% 16.70% 12 37
 B   1-  1-  6-  6/ 14 7.10% 14.30% 57.10% 53 98
 C   1-  2-  1-  8/ 12 8.30% 25.00% 33.30% 394 141

■1勝クラス以上、芝1600以上戦における傾向■

芝1600以上 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
01   3-  6-  6- 11/ 26 11.50% 34.60% 57.70% 82 75
02   5-  3-  6- 14/ 28 17.90% 28.60% 50.00% 47 77
03   6-  3-  1- 11/ 21 28.60% 42.90% 47.60% 126 85
 A   1-  1-  2-  8/ 12 8.30% 16.70% 33.30% 187 108
 B   1-  1-  0-  8/ 10 10.00% 20.00% 20.00% 175 56
 C   0-  0-  0-  6/  6 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

 

■OP&重賞での成績■

OP&重賞 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
01   1-  4-  0-  8/ 13 7.70% 38.50% 38.50% 33 62
02   2-  0-  4-  9/ 15 13.30% 13.30% 40.00% 34 76
03   3-  2-  1-  5/ 11 27.30% 45.50% 54.50% 120 87
 A   0-  0-  2-  8/ 10 0.00% 0.00% 20.00% 0 63
 B   1-  0-  2-  8/ 11 9.10% 9.10% 27.30% 159 67
 C   1-  0-  1-  6/  8 12.50% 12.50% 25.00% 591 167

この傾向からわかるのは、短距離戦での精度は低いが、マイル以上だと使えるということ

特にマイル戦に出走するS&SMの上位2位はベタ買いしてもプラスになるという結果がでた

ただし、注意したいのは【2歳戦では芝1600以下戦がほとんど】ということで、マイルまでこなせる短距離馬が人気の盲点になっていることだろう

3歳戦になって芝2000を超えてくると出走自体も少なくなるが、同じような傾向にはなりにくいということは覚えておきたい


■指数上位馬をカテゴライズして成績を比較してみた■

 

S&SMの指数579以下を「S1」、580-589を「S2」、590以上を「S3」

C&CMの指数709以下を「C1」、710-719を「C2」、720以上を「C3」

上記でチェック馬としてカテゴライズ

 

■1勝クラス以上、芝1500以下戦における傾向■

芝1500以下 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
C1  1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 33.30% 86 50
C2  0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 33.30% 0 60
C3  1- 1- 1- 6/ 9 11.10% 22.20% 33.30% 67 167
S1  1- 0- 2-13/16 6.30% 6.30% 18.80% 46 48
S2  5- 3- 4-17/29 17.20% 27.60% 41.40% 208 94
S3  3- 6- 4-43/56 5.40% 16.10% 23.20% 80 49


■1勝クラス以上、芝1600以上戦における傾向■

芝1600以上 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
C1   3-  5-  6- 17/ 31 9.70% 25.80% 45.20% 58 75
C2  11-  6-  7- 31/ 55 20.00% 30.90% 43.60% 83 68
C3   8- 11-  8- 74/101 7.90% 18.80% 26.70% 26 43
S1   1-  1-  1-  2/  5 20.00% 40.00% 60.00% 350 134
S2   1-  2-  1- 13/ 17 5.90% 17.60% 23.50% 132 82
S3   1-  0-  2- 27/ 30 3.30% 3.30% 10.00% 6 18

 

■OP&重賞での成績■

チェック馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
C1  1- 4- 3-14/22 4.50% 22.70% 36.40% 20 71
C2  8- 3- 3-21/35 22.90% 31.40% 40.00% 83 66
C3  2- 5- 3-43/53 3.80% 13.20% 18.90% 13 52
S1  1- 0- 3- 8/12 8.30% 8.30% 33.30% 145 88
S2  4- 2- 3-21/30 13.30% 20.00% 30.00% 197 92
S3  0- 1- 1-32/34 0.00% 2.90% 5.90% 0 16

 

2歳戦においてはS1&S2の独壇場でした

C&CMでは「C2」に成績が良く、今後中距離戦にシフトしてどうなるのかを追いかけたい

ちなみに1番人気での成績は(6・3・3・4/16)、単回収 89、複回収 95

勝率 37.5 連対率 56.3 複勝率 75.0

ゆえに頭固定は不安だが、相手に買うのは面白い印象

 

■まとめ■

予想通りの結果という印象でまだまだ精度は低いと感じた

もちろんチェック馬同士がぶつかり合うことも多いので、その中での指数順位が重要になってくるかも知れません

あくまでの予想の指標のひとつとしてご参考ください

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です