【4/9更新】阪神牝馬S(2021)【出馬表&予想UP!】

重賞傾向【阪神牝馬S】

1番人気傾向【阪神牝馬S】

■勝ち馬の傾向■

※2016年に芝1400から芝1600に変更、それに伴い傾向がガラリと変わりました

※過去5回の芝1600戦における傾向で予想していきます

(1)GI連対経験のない馬は、前走重賞を0.1差以上で勝利

(2)GI連対経験馬は、前走重賞で敗退していてもOK

(3)4歳から6歳まで

 

登録時点の該当馬は、

イベリス

マジックキャッスル(前走重賞勝ちだが0.0差だった)

 


■1番人気馬の傾向■

※こちらも芝1600戦の過去5回を参照にしています

過去5年(1・1・1・2)

連対したのはミッキークイーンのみ(前走、牡馬混合GIに出走)

3着に来たのは【前走、東京新聞杯勝ちのリスグラシュー】

着外2頭は【GI連対あるが芝1600戦のみのラッキーライラック(出走当時)とダノンファンタジー】

3着以内の3頭には【芝2000以上のGIで連対歴があった】

 

ちなみに、今年の登録馬に【芝2000以上のGIで連対歴があった】はいないので何が1番人気になっても基本飛ぶと思ってもOKかも

 


出馬表【阪神牝馬S】

■予想■

Gi連対実績馬不在の今年は傾向的に京都牝馬Sがリンクする年

過去2回の京都牝馬S勝ち馬は55キロで制していて、今年のイベリスが54キロだったのは若干心配

ただし、愛知杯勝ちのマジックキャッスルも同じ54キロでの勝ち上がりなのでレベル的に通用しそう

コース替わりで内が伸びればイベリス、外差し決まるならマジックキャッスルだと読んだ

桜花賞のトラックバイアスのためにしっかりと見ておきたい

 

◎イベリス

○ギルテッドミラー

▲マジックキャッスル

△リアアメリア

△デゼル

△プールヴィル

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です